東洋経済オンラインに、『エリートに「突然休職する人」が意外にも多い理由』が掲載されました

東洋経済オンラインに、『エリートに「突然休職する人」が意外にも多い理由』が掲載されました

本人が自身の高ストレスを自覚していないために、突然休職するリスクの高い「隠れストレス負債者」に、年収800万円を超えるエリート社員が多い理由を、 産業医で『メンタル・クエスト 心のHPが0になりそうな自分をラクにする』などの著者でもある、鈴木裕介氏が解説する記事が、東洋経済オンラインに掲載されました。

記事内では、突然休職するエリート社員の特徴として、他者からの期待に完璧に近い形で従おうとする「過剰適応」を挙げています。
過剰適応傾向の社員は、期待に応えようとしてくれるため職場では重宝される一方で、会社や部下など、他者のケアばかりをしていて、自らのケアを後回しにしがちだと、鈴木氏は解説しています。